フォト

Twitter

無料ブログはココログ

my photo

  • 初夏の涼道
    旅先で撮った写真です

広告

« 2017年12月3日 - 2017年12月9日 | トップページ | 2017年12月24日 - 2017年12月30日 »

2017年12月10日 - 2017年12月16日の6件の記事

2017.12.16

■沼津「中央亭」の餃子~一味違った「沼津餃子」を味わいに~(静岡県沼津市)

00

(写真:沼津「中央亭」)

 

 さて、平成2912月15日(金曜日)に行ってまいりました、「青春18きっぷ静岡日帰りグルメ旅」の中でも、特に美味しかった沼津「中央亭」について、もう少し詳しくお知らせいたしたいと思います!

 元船乗りの同僚「幕下係長」に誘われまして、会社を休ませていただき、沼津餃子の雄:沼津「中央亭」にはるばる餃子を食べに行ってまいったのですが、この幕下係長。かなりの食通でありまして、ガタイが良くがっしりしております。「クッキングパパ」のような風貌であり、各地の美味いものを良く知っております。

その幕下係長が言うには、ここ、沼津「中央亭」は美味い餃子で「行列ができるお店」として全国に名を馳せており、「中央亭」の餃子を目当てに県外からも多くの人々が訪れるのだとか。

「中央亭」の餃子の製法は焦げ目をしっかりと付けた後は、たっぷりの湯で茹で上げるように作るため、皮は水餃子のように「もっちり」としているとのこと。

通常餃子は、ラー油ですが、そのかわりに唐辛子を油に漬け込んだ「特製からし油」をたらし、一味を振りかけて頂くのだそう。

製法からもタレからも、我々が考える餃子とはまったく別物だと思った方が良いそうです。私が「本当にそうなの?餃子ならそう、変わらないと思うけど。。」と聞きますと、「うまいぞっ!是非お試しあれっ!」と返されました。本当にクッキングパパに見えてまいりました。

そんな話を聞いて名古屋でも老舗の名店「百老亭」や「江南」、「味仙」などで「自分へのご褒美」と称してしょっちゅう餃子を食べる私も「いかねばならん」との使命感に駆られてまいりました。

私にとりましては「たかが餃子、されど餃子」なのであります。

 

しかし、餃子ということは「ビールは欠かせません!」ということで、今回は愛車リトルカブさんとNC700Xさんには少し休んでもらいまして、久々に「青春18きっぷ」で出掛けることと相成りました。まぁ、カブで沼津まで日帰りはさすがにキツイですし、燃費の良いNCさんでも高速代金がバカになりませんし💦

続きを読む "■沼津「中央亭」の餃子~一味違った「沼津餃子」を味わいに~(静岡県沼津市)" »

2017.12.15

■青春18きっぷで静岡県を日帰りグルメ旅してきたよ(静岡県沼津市等)

00_2

(写真:「青春18きっぷ」)

 

 会社の元船乗りの「幕下係長」に誘われまして、青春18きっぷで静岡県(+三重県)をグルメ旅して参りましたのでその報告であります。

 今回は第1目標を沼津「中央亭」の「餃子」に定め「あとは流れで」という旅といたしました。

ご存じの方の方が多いかと思いますが、JRの「青春18きっぷ」はJRの快速と普通電車の乗り放題チケットであります。

1冊5回分で11,850円ですので1回分2,370円となります。1回分でJR線の快速・普通電車に1日(0時~24時の間)乗り放題となります。

単純に名古屋の千種駅から静岡県の沼津駅まで往復するとちょうど8,000円となりますのでかなりお徳なきっぷと言えるのではないでしょうか。また、電車旅は酒も飲めるのも魅力であります。

続きを読む "■青春18きっぷで静岡県を日帰りグルメ旅してきたよ(静岡県沼津市等)" »

2017.12.14

■スーパー銭湯「笑福の湯」へ~激安温泉「極(きわみ)」跡地~(愛知県春日井市)

00

(写真:「笑福の湯」玄関口)

 

 名古屋から松川橋を渡ってすぐ、松河戸インターからほど近いところにありました激安温泉「極(きわみ)」は大人一人450円と通常の銭湯と変わらないお値段でスーパー銭湯が味わえ、龍泉寺の湯と交互に良く利用させてもらっていたのですが、残念ながら閉店してしまいました。

しかし、その跡地に「笑福の湯」という新しいスーパー銭湯が11月15日にグランドオープンした旨、会社の仲間に教えていただきましたので早速、銭湯好きの娘と行ってまいりました。

続きを読む "■スーパー銭湯「笑福の湯」へ~激安温泉「極(きわみ)」跡地~(愛知県春日井市)" »

2017.12.13

■「日本武尊」所縁の「内々(うつつ)神社」と「内津妙見寺」(愛知県春日井市)

00

(写真:「内々(うつつ)神社」本殿)

 

 春日井市の内津峠に程近いところにある、「内々(うつつ)神社」は、「延喜式神名帳」にもその記録がある由緒正しき神社であります。

この神社は、「日本武尊(やまとたけるのみこと)」の伝説と深い関係があります。

東国の平定を終えた日本武尊(やまとたけるのみこと)が内津峠に差し掛かった時、早馬で駆けてきた従者の久米八腹(くめのやはら)からそれまでは、元気であった、副将軍「建稲種命(たけいなだねのみこと)」が駿河の海で水死したとの報告を受けます。

それを聞いた日本武尊は「ああ現哉々々(うつつかな)」と嘆き、その霊を祀ったのが内々神社の始まりであると神社の境内に掲げられております。

主祭神は尾張氏の祖「建稲種命(たけいなだねのみこと)」であり、これに「日本武尊」、「宮簀姫命(みやずひめのみこと)」が配されているとのこと。

 昔から多くの武将から崇拝され、豊臣秀吉も朝鮮役の戦勝を祈願し、この社頭から軍船用の帆柱を伐り出したといわれています。

 境内の「松」は「さるすべり」が一体となっており「すべらずの松」として大切にされおり、受験シーズンにはそのご利益にあやかろうと、多くの受験生で賑わうとのことです。

続きを読む "■「日本武尊」所縁の「内々(うつつ)神社」と「内津妙見寺」(愛知県春日井市)" »

2017.12.12

■春日井市の「弥勒山」登山~頂上からは名古屋市街を一望~(愛知県春日井市)

00_4

(写真:「弥勒山」頂上からの眺め。遠方には名古屋駅のビル群も)


 平成2912月9日(土曜日)前日にダイエット中にも関わらず、大和郡山「とんまさ」にて、「若鳥かつ定食」をたらふく食べてきてしまった私「美味かった!」。 でも最近は頑張って夕方帰宅後、1時間以上、歩いているんですよ~。

てな訳で、土日はちょっと違う趣向で歩いてみようと、名古屋市の隣にあります春日井市の山「弥勒山」に登ってみようと思い立ちました。

 「弥勒山」は自然歩道が整備されている標高437メートルの山で、山頂には尾張富士から本宮山、名古屋市街を見渡せる展望台があるとのことでその景色を楽しみに出かけてまいりました。

 リトルカブを走らせ、高蔵寺から春日井市都市緑化植物園へと向かいます。同植物園の駐車場は車でいっぱいでした。家族連れからも人気の高い施設であることが伺えます。

 もうしばらく先に進みますと自然歩道への管理道路が見えてまいりました。

 

続きを読む "■春日井市の「弥勒山」登山~頂上からは名古屋市街を一望~(愛知県春日井市)" »

2017.12.11

■1300年の歴史を持つ古都奈良を代表する神社「春日大社」(奈良県奈良市)

00_3

(写真:駐車場近くの「春日大社」の鳥居)

 せっかく奈良に来ましたので、春日大社へとお参りに参上しました。

 「春日大社」は春日山原始林を背景として、奈良公園内にある神社で、正門は飛火野あたりにあり、そこから長い参道が続いています。

世界遺産「古都奈良」の貴重な文化財であり、奈良・平城京の守護と国民の繁栄を祈願する為に創建された、藤原氏の氏神を祀る神社でもあります。

境内いたるところで姿を観ることができる鹿たちは神様の使いとして大切にされています。(若い鹿は売り物の鹿せんべいに手を出そうとして売店のおばちゃんに竹竿で追い払われているときもありますがcoldsweats01

続きを読む "■1300年の歴史を持つ古都奈良を代表する神社「春日大社」(奈良県奈良市)" »

« 2017年12月3日 - 2017年12月9日 | トップページ | 2017年12月24日 - 2017年12月30日 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バイクカスタムのため購入したモノなど

ブログ村