フォト

Twitter

無料ブログはココログ

my photo

  • 初夏の涼道
    旅先で撮った写真です

広告

« ■近江紅葉ツーリング~「石槫峠」から「信楽」経由大津「瀬田の唐橋」まで~(滋賀県大津市など) | トップページ | ■矢崎帰帆島キャンプ場~京都観光に至便!琵琶湖畔にある格安キャンプ場~(滋賀県草津市) »

2017.11.12

■京都一乗寺の最奥にある「狸谷山不動院」のお不動様の大迫力(京都府京都市)

00

(写真:大本山「狸谷山不動院(たぬきだにさんふどういん)」)

 

 さて、大津琵琶湖畔の「矢橋帰帆島公園キャンプ場」で夜を明かし、いよいよこの旅の目的地であります京都一乗寺の最奥にある「狸谷山不動院」を目指します。

 先日、会社の友人がここへ行き、「素晴らしいロケーションで、しかも、『秋の特別洞窟内陣参拝』で、特別開帳をしている『お不動様の眼力の迫力』が物凄かった」と話していたので、是非この機会に拝見したいと訪れたのであります。

 大津から京都へは、国道1号線経由がメジャーなルートではありますが、紅葉シーズンで混雑が予想されますので、私は、比叡山を越える通称「山中越え」と呼ばれるルートを選択することといたします。

 まずは、キャンプ場から、浜大津を抜け、比叡山の麓に向かいます。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

国内旅行 ブログランキングへ←よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)

RSSフィードは 

http://tetsu.cocolog-nifty.com/index/index.rdf

です。メールソフト等に登録いただくと、更新をお知らせいたします。よろしければ、ご登録下さい

01

▲①大津から比叡山に向かう「山中越え」のルートの入口

 山道を走り、標高をどんどん上げ、比叡山ドライブウエイの入口に差し掛かりますと、ドライブウエイへと向かう車がかなりの数並んでおりました。紅葉シーズンですからね~比叡山の紅葉も今が盛りのようであります。

 

02

▲②比叡山ドライブウエイ入口の美しい紅葉

03

▲③ドライブウエイは全線もみじが見頃を迎えているようです。



 私は峠を越えて、京都側に降り、一路バイクを一乗寺方面へと走らせます。

 この辺りは、以前ご紹介しました紅葉の美しい「詩仙堂」宮本武蔵を祀る「八大神社」徳川家ゆかりの「圓光寺」のあるところです。

  

04

さすがに紅葉シーズンとあって詩仙堂は多くの観光客でにぎわっておりました。

 ここから、さらに坂道を登り、山の奥へとリトルカブを走らせます。ここまで来たことは初めてであります。

 こういった、細い路地でも、カブだと他の観光客に威圧感を与えることなく、新聞配達のバイクよろしく、自然と周りに溶け込んで走る事ができるところが良いですね。

他のバイクにはマネの出来ない芸当であります。本当に良いバイクだな~♪。

 

05

▲⑤途中、今回の目的地、狸谷山不動院の「秋の特別洞窟内陣参拝」の看板がありました。

 

06

▲⑥山を登る途中も美しい紅葉が目を愉しませてくれます。

07

▲⑦狸谷山の入山口にあるご祈祷殿に到着

08

▲⑧車のご祈祷を行う広い駐車場を持つ祈祷殿です。本殿に行くには、ここから、さらに山の奥に進みます。


09

▲⑨しだいに道も細くなり、静かな山の中へと分け入っていきます。

10

▲⑩道路の突き当りに参道が見えてまいりました。たくさんの信楽焼のたぬきが迎えてくれます。さすがは「たぬき谷」ですね。

11

▲⑪車両はここまでですので、狸たちに見張りを頼んで、バイクはここに駐輪します。

車も停められるスペースもかなりありますので、お車でも大丈夫だと思います。

 

12

▲⑫参道の階段を上がります。すでにこの雰囲気。苔むした階段です。

13

▲⑬元阪神タイガースの吉田監督も信徒なのでしょうか。2007年優勝のお礼の記念碑が寄進されていました。

14

▲⑭長い階段を上ります。観光シーズンですが、ここまで来る人は少ないのか静寂に包まれています。霊験あらたかな、とても良い雰囲気です。

15

▲⑮途中に「白竜弁財天」があります。崇敬する信者も多く、功徳甚大にして人力を超えた利益、資具、資産をそなえているのだとか。

16

▲⑯伏見稲荷のように、赤鳥居が並んでいます。

17

▲⑰総本山までの階段は250段。信楽焼のたぬきが道中を励ましてくれます。

18

▲⑱七福神の像がありましたので、本日開催の「エリザベス女王杯」の勝利を祈願しました。

19

▲⑲道中、弘法大師が迎えてくれます。全国を行脚した大師にちなみ、健脚を願い草鞋を奉納する方もいるのだとか。

20

▲⑳途中にある弘法大師光明殿の広場

21

▲㉑灯篭が立ち並んでいます。

22

▲㉒弘法大師光明殿。弘法大師が祀られています。

23

▲㉓さらに階段を上がります「ふう💦」本殿(左)が見えてまいりましたよ。

24

▲㉔本殿に登る最後の階段です。がんばろ~💦

25

▲㉕全250段を登り切りました!たぬきも「よくぞ登ってきたな!」と嬉しそうです。

26

▲㉖本殿全景。清水寺のように舞台があります。この中に洞窟があり、お不動様がおられます。

27

▲㉗入山料500円をお納めして入ります。

28

▲㉘今回は、「秋の特別洞窟内陣参拝」で本殿奥の洞窟内のお不動様を観ることができるのです。お堂の中は残念ながら写真を撮る事ができません。

お堂の奥は洞窟となっており、岩肌が出ております。暗がりの中、力強く存在感のあるお不動様の姿が浮かび、お不動様の睨み付けるような眼力に圧倒されました。

こんな目で睨まれたら疫病も退散するでしょう。ご利益があると思いますよ。

29

▲㉙お堂の舞台からは、山の紅葉を上から観ることができます。

30

▲㉚遠方には京都の街並を一望することができますよ。

31

▲㉛麓の一乗寺駅には、紅葉狩りのため鞍馬へ向かう列車が停車していました。

32

▲㉜帰りに家族への土産に、出町出町ば」で、豆大福(「豆餅」と言う名で売られています)を購入しようと一旦並びましたがいつになく長い行列。40分以上かかるとのことで購入を断念しました。無念。ここの豆大福は豆の絶妙な塩気が素晴らしく美味しいですよ~。オススメなのであります!

 

33

Dscn2625

« ■近江紅葉ツーリング~「石槫峠」から「信楽」経由大津「瀬田の唐橋」まで~(滋賀県大津市など) | トップページ | ■矢崎帰帆島キャンプ場~京都観光に至便!琵琶湖畔にある格安キャンプ場~(滋賀県草津市) »

コメント

「自然と周りに溶け込んで走る事ができる」
カブならではですね~
わたしのバイクもそこまで大げさではない姿かたちですが、やはりカブにはかないません。
(Dトラ125です)
先日、福井の熊川宿を早朝に散策していたのですが、静寂の中似つかわしくない金属音が・・・
Ducatiでした。
街並みを見ながらゆっくり走られていたのですが、正直邪魔だな~と思ってしまいました。
これがカブだったら気が付かないほど馴染んでたと思います(笑)

狸谷山不動院という名前を初めて知りました。
霊験あらたかな雰囲気ですね。
ひとりで行くのはちょっと怖いような気がしますが、機会があれば行ってみたいです(#^.^#)

カブを褒めていただきありがとうございます。ホント、カブ大好きです。可愛いですよね。でも、気づくとNCさんの方に1月くらい乗ってなかったので、今朝久しぶりに通勤で乗ってきました。拗ねないと良いのですが
Dトラ!良いバイクですね~コンパクトで軽くて。私も時々林道にも行くので、小型か中型のオフ車が欲しいと思っております。

私も京都は好きで、よく行くのですが、狸谷山不動院は知りませんでした。この時期は京都はどこも混雑しているので穴場だと思いますよ。静寂を楽しみに行くにはもってこいです。お不動さんは本当に迫力がありました。機会があれば是非!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ■近江紅葉ツーリング~「石槫峠」から「信楽」経由大津「瀬田の唐橋」まで~(滋賀県大津市など) | トップページ | ■矢崎帰帆島キャンプ場~京都観光に至便!琵琶湖畔にある格安キャンプ場~(滋賀県草津市) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バイクカスタムのため購入したモノなど

ブログ村