フォト

Twitter

無料ブログはココログ

my photo

  • 20160424
    旅先で撮った写真です

リトルカブのカスタムポイント

« ■本田宗一郎ものづくり伝承館~カブの生みの親を知る博物館~(静岡県浜松市) | トップページ | ■リトルカブの中華エンジン定期報告~6,000キロを突破しました~ »

2017.10.10

■リトルカブ(スーパーカブ)の燃料タンクキャップの改造~フユーエルキャップをキーレスで使用可能にする方法~

00_5

(写真:リトルカブ(スーパーカブ)の燃料タンクキャップは簡単にキーレスにできます)

 カブのガソリンを入れるときは、純正の場合、鍵付きのタンクキャップ(フューエルキャップ)を開けなくてはいけませんね。そのたびに、イグニッションからキーを外して、キャップの鍵を開けなくてはなりません。これは結構面倒だと思っている方も多々おられるのではないでしょうか。

 先日、SNSを観ておりましたら、「鍵穴の付いていない、キーレスのタンク用キャップ(フューエルキャップ)を購入しました」という記事がありました。

 ネット通販などで、鍵のついていない、「鍵なしのタンクキャップ」なるものが販売されているんですね~

 でも、実は、わざわざキーなしのタンクキャップを購入しなくても、簡単な改造で純正のタンクキャップ(フューエルキャップ)が、鍵なしで開閉ができるようになるんですよ。

手順は次の通りであります。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

国内旅行 ブログランキングへ←よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)

RSSフィードは 

http://tetsu.cocolog-nifty.com/index/index.rdf

です。メールソフト等に登録いただくと、更新をお知らせいたします。よろしければ、ご登録下さい

マフラー スーパーカブ リトルカブ C50 C70 C90 スラッシュカットマフラー フルエキゾースト ホンダ スーパーカブ デラックス スタンダード カスタム

価格:4,070円
(2017/10/20 11:00時点)
感想(55件)

01_3

▲①まずは、指で示しているこのネジ2本を外しますと簡単にキャップが外れます。

02_3

▲②このキャップになっている部品を持って

03_3

▲③上にひき抜きます

04_3

キャップを押さえつけるバネがでてきますのでそれも外します。

05_3

▲⑤ドライバーの先端で示しているのがL字の金具ですので取り外します。

06_3

▲⑥取り外したL字金具。なくさないようにしまっておいてください。

07_5

▲⑦あとは元に戻すだけであります。

「ね。簡単でしょ?」

 タンクキャップ(フューエルキャップ)の鍵がかかる仕組みは、改造前に一度、タンクキャップ(フューエルキャップ)を取り外し、鍵を回してみていただくと良くわかると思います。

 L字型の金具が動いて、キャップが外れなくなるだけの単純な仕組みなのでありますので、このL字型の金具を取り外すだけで、簡単にキーレス化することができるのであります。

 ガソリン泥棒に合わないような環境で車両を保管できる方はオススメの方法なのであります。自己責任でね。

  

« ■本田宗一郎ものづくり伝承館~カブの生みの親を知る博物館~(静岡県浜松市) | トップページ | ■リトルカブの中華エンジン定期報告~6,000キロを突破しました~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10604/65900976

この記事へのトラックバック一覧です: ■リトルカブ(スーパーカブ)の燃料タンクキャップの改造~フユーエルキャップをキーレスで使用可能にする方法~:

« ■本田宗一郎ものづくり伝承館~カブの生みの親を知る博物館~(静岡県浜松市) | トップページ | ■リトルカブの中華エンジン定期報告~6,000キロを突破しました~ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バイクカスタムのため購入したモノなど

ブログ村