フォト

Twitter

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

my photo

  • 20160424
    旅先で撮った写真です
無料ブログはココログ

バイクカスタムのため購入したモノなど

リトルカブのカスタムポイント

ブログ村

« ■サーモス 真空断熱 アイスコンテナーを導入~氷用の魔法びんの効果は?~ | トップページ | ■寝覚の床~国の名勝「奇石群」と美術公園~(長野県木曽郡上松町) »

2017.10.01

■木曽路日帰りソロツーリング~下道で国道19号を松本まで~(長野県松本市へ)

Dscn2222

(写真:今日の相棒はNC700Xさんであります)

 

 9月30日~10月1日の土日でキャンプに行くつもりでありましたが、金曜日は久々に大学時代の仲間の昇進祝いの焼肉会を行いまして、結構盛り上がり、結果土曜はお疲れ休みとなりました。ま、うちの水道のコマの交換や、子供たちの眼鏡を作るなどの雑務もこなせたので、よしとしましょう。

 日曜日は日帰りで松本まで、下道をえっちらおっちらと、ソロツーリングに行って参りましたのでその報告であります。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

国内旅行 ブログランキングへ←よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)

RSSフィードは 

http://tetsu.cocolog-nifty.com/index/index.rdf

です。メールソフト等に登録いただくと、更新をお知らせいたします。よろしければ、ご登録下さい

» 続きを読む

 以前、リトルカブで訪問した松本市内にあります「あがたの森公園」。

ここは、旧制松本高校のあった場所が公園となっており、なかなか良い雰囲気だったのですが、ゆっくりと過ごすことができませんでしたので、「再度訪れてみたい」と思っていたのであります。

 

01

▲①今回はNCさんで出発であります。

 自宅から定光寺方面へと走り、岐阜県道66号で恵那まで抜けます。恵那からは19号線をしばらく走り、途中岐阜県道7号に逸れて、馬篭宿、妻籠宿を通過します。

 

02

▲②旧中山道馬篭峠には当時の風情が遺されています。

 妻籠宿から、国道256号を経由し、再び、国道19号を北上します。

 途中「寝覚めの床」で休憩。奇石群を眺めます。

 ここは、浦島太郎伝説もある場所で、「今までの出来事がまるで「夢」であったかのように思われ、目が覚めたかのように思われた。」との出来事からこの地を「寝覚め」とし、奇石群が床のようであったことから「床」として、「寝覚の床」と呼ぶようになったということであります。

 

03

▲③寝覚めの床

04

駐車場から寝覚めの床まではプチ森林浴が楽しめます。

05

▲⑤途中の蕎麦屋で新そばを味わいました。美味。

 

 

06

▲⑥塩尻市内に入りまして、古い宿場町の風情が遺されている奈良井の宿へ立ち寄りました。

 電車でもアクセスできます。街道沿いにいろんなお店が並んでおりますので、一日ゆっくり過ごしても良い場所ですね。

 

 松本市内は結構車が多く渋滞が激しかったですが、何とか14時には到着することができましたです。早速、「あがたの森公園」へ

07

08

09

10

11

▲旧制松本高校の校舎

 

 ここの建物群は、旧制松本高校のもので、現在は、一般に開放されております。

非常に雰囲気のある近代建築であります。後日、改めまして、写真を中心にご報告いたしたいと思います。

 

ガソリン代       2000円

昼食代(蕎麦)     1000円

コーヒー         150円

高速代(帰りのみ)   2310円

(塩尻北~土岐南多治見)     

合計          5460円

« ■サーモス 真空断熱 アイスコンテナーを導入~氷用の魔法びんの効果は?~ | トップページ | ■寝覚の床~国の名勝「奇石群」と美術公園~(長野県木曽郡上松町) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10604/65863831

この記事へのトラックバック一覧です: ■木曽路日帰りソロツーリング~下道で国道19号を松本まで~(長野県松本市へ):

« ■サーモス 真空断熱 アイスコンテナーを導入~氷用の魔法びんの効果は?~ | トップページ | ■寝覚の床~国の名勝「奇石群」と美術公園~(長野県木曽郡上松町) »