フォト

Twitter

無料ブログはココログ

my photo

  • 初夏の涼道
    旅先で撮った写真です

広告

« ■八曾モミの木キャンプ場~水遊びの聖地か?名古屋から1時間の激近キャンプ場~(愛知県犬山市) | トップページ | ■キャンプツーリングの積載増のためサイドケースを購入~タナックスツアーシェルケース) »

2017.09.07

■キャンプ用品の運搬のためキャリーワゴンを導入しました

15

(写真:テントファクトリー社の「キャリーワゴン」)

 

 

私のキャンプ道具、全て合わせますとかなりの重さで、これまでは、マンションの6階から、バイクまで、2回に分けで運搬しなくてはなりませんでした。特に防水のドラムバッグには、テント、コット、焚火台、マットその他諸々が詰め込まれており、かなりの重さで私の肩に食い込んで痛いくらいでありました。

そこで、キャンプ用品の運搬のためキャリーワゴンを導入しました!

購入したのは、テントファクトリー社の「キャリーワゴン(オールランドワゴン) (容量約100L 積載重量約80kg) TF-MXCWであります。

 写真①のように折り畳まれた状態(寸法53x21x75cm)で到着いたしました。

01_2

▲①折り畳まれた状態。車輪までしっかりカバーしてくれています。

02_2

▲②カバーは下の部分2か所のバックルで留められております。

03_2

▲③バックルを外し、カバーを引き上げますと、車輪が顔をのぞかせます。

04_2

耐荷重80㎏であることなど、使用上の注意が書かれてています。

05_2

▲⑤車輪にはストッパーが付いており、足で踏めば固定されるようになっています。

06_2

▲⑥大きめの車輪は、少々のデコボコなら乗り越えられそうです。

07_2

▲⑦折り畳みの状態を維持するためのバックル。これを外すと展開できます。

08_2

▲⑧丈夫には持ち運び用の取っ手もついており、ベルクロで留められています。

09_2

▲⑨展開した状態(寸法:93x51x57cm

10_2

▲⑩運搬するための取っ手

11_2

▲⑪取っ手のストッパーを外すと伸縮します。

12_2

▲⑫取っ手のストッパー分部

13_2

▲⑬取っ手を本体から外した状態。

14

▲⑭斜めに引っ張ることができます。大変滑らかに動いてくれます。

15_2

▲⑮すべてのキャンプ道具を楽々運ぶことができるようになりました。

 使用感はなかなか良いですよ。取っ手を斜めにして引っ張ることもできますが、取っ手を本体に固定したまま、押すことも可能となっております。

 また、収納部は取り外して丸洗いすることも可能となっております。取り外しは、バックルを外すだけですので大変簡単でありました。

 車でのキャンプ時、現地で、駐車場からキャンプ地まで遠いときにも重宝しそうであります。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

国内旅行 ブログランキングへ←よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)

RSSフィードは 

http://tetsu.cocolog-nifty.com/index/index.rdf

です。メールソフト等に登録いただくと、更新をお知らせいたします。よろしければ、ご登録下さい

« ■八曾モミの木キャンプ場~水遊びの聖地か?名古屋から1時間の激近キャンプ場~(愛知県犬山市) | トップページ | ■キャンプツーリングの積載増のためサイドケースを購入~タナックスツアーシェルケース) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10604/65611205

この記事へのトラックバック一覧です: ■キャンプ用品の運搬のためキャリーワゴンを導入しました:

« ■八曾モミの木キャンプ場~水遊びの聖地か?名古屋から1時間の激近キャンプ場~(愛知県犬山市) | トップページ | ■キャンプツーリングの積載増のためサイドケースを購入~タナックスツアーシェルケース) »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バイクカスタムのため購入したモノなど

ブログ村