フォト

Twitter

無料ブログはココログ

my photo

  • 初夏の涼道
    旅先で撮った写真です

広告

« ■「落ちたら死ぬ!」国道157号で温見峠越えツーリング~酷道探訪【前編】~(岐阜県本巣市→福井県大野市) | トップページ | ■大阪と奈良を結ぶ国道(酷道?)308号を行く(奈良県生駒市・大阪府東大阪市) »

2017.09.01

■「洗い越し」に「苔道」国道417号と林道で冠山峠越えツーリング~酷道探訪【後編】~(福井県池田町→岐阜県揖斐郡揖斐川町)



00_4



(写真:冠山峠から見る岐阜側の山々の眺め)





 



 昨日の【前編】に引き続き、「岐阜県と福井県を結ぶ酷道ツーリング」、【後編】であります。帰りも山越え酷道ルートで参りましょう。



 越前大野から国道476号を経由して、まだ未開通の417号線と林道冠山線で冠山峠を越え、福井県の池田町から岐阜県の揖斐川郡の奥地、日本最大のダム「徳山ダム」を目指します。


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

国内旅行 ブログランキングへ←よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)

RSSフィードは 

http://tetsu.cocolog-nifty.com/index/index.rdf

です。メールソフト等に登録いただくと、更新をお知らせいたします。よろしければ、ご登録下さい

 今回、通行する予定の国道417号は今まだ開通はしておらず、冠山峠を越える分部は冠山林道を通過するルートとなります。



 





01_3



▲①まずは、国道476号で国道417号へと向かいます。越前地方は日本でも有数の穀倉地帯で、あちこちで金色の稲穂を揺らしていました。







02_3



▲②国道476号も険しい国道で、大型車は通行することができません。







03_3



▲③国道とは思えない狭小路が続きます。







04_3



峠から見た越前大野、美しい街ですねぇ







05_3



▲⑤国道なのに道路に「苔」が生えているところも。







06_3



▲⑥越前大野から少し走ると「こしょうずの湧き水」が湧いています。福井県では、平成25年に基準を満たした湧水等を「ふくいのおいしい水」として認定しているそうです。「名水百選」に指定されている湧水もあるそうですよ。





07_3



▲⑦冷たくてとても美味しい水でしたよ。山の神様に感謝してリスタートです。







08_3



▲⑧いよいよ未開通国道417号へ







09_2



092




▲⑨417号の先は林道となることを示す看板。→拡大:林道冠山線と書かれています。







10_3



▲⑩冠山林道入口。「事故多発区間」「通行注意」「落石の恐れあり」とあり、看板には、「これより先、道幅が狭く、急カーブ、急こう配が続くため、転落事故や対向車との衝突事故が多発しています。車の運転には十分注意してください」とあります。





これらの表記は、行きの国道157号とも共通していますね。



11_2



▲⑪狭い、急こう配、急カーブがつづきますが、時々、名もない小さな滝などが目を愉しませてくれます。自然がいっぱいのツーリングロードです。





12_4



▲⑫標高が上がるにしたがって、次第に景色が開けてまいりました。







13_3



▲⑬切り立った崖の下を急こう配で連続するカーブ







14_3



▲⑭福井県側の山々の稜線が見えるとことまで標高が上がってまいりました。







15_3



▲⑮岐阜県側との県境「冠山峠」に到着です。







16_3



▲⑯冠山峠にも、立派なゲートが設置してありました。







17_3



▲⑰冠山峠の碑。北は福井県池田町、南は岐阜県揖斐川町であることがわかります。徳山ダムに沈んでしまった徳山村の石碑もあります。







18_3



▲⑱冠山峠は遠くまで見渡せる、本当に綺麗なところでありました。現在、冠山トンネル工事が進められていますが、トンネル完成後は、林道は廃れてしまうでしょうし、登山以外ではこう簡単にはここまで来られなくなってしまうかもしれませんね。







19_3



▲⑲特徴ある形の冠山山頂が見えます。冠山峠から尾根伝いに山道を行くと1時間程度で到着できるとのこと。今度、準備をして行ってみたいと思います。







20_3



▲⑳冠山林道を降りる途中も美しい景色が随所に見られました。この辺りは、クマザサなど、高山特有のフローラです。







21_3



▲㉑林道を降りる途中では、お馴染みとなった「洗い越し」もありました。







22_3



▲㉒徳山ダムの水面が見えてまいりました。林道はダム管理用の通路でもあります。





 このあたりまでくると、連続して立派なトンネルが続きますが、夏とはいえ、何しろトンネルの中が寒い。凍えてしまう程であります。





23_3



▲㉓トンネルとトンネルの間では徳山ダムの水面が美しく夕日に映えておりました。







24_3



▲㉔徳山ダムの管理道路兼林道を降りると、ここから再び国道417号となることを示す看板が出てまいりました。







25_3





▲㉕しばらく走るとロックフィールダムであります徳山ダムが見えてきます。





山間部は夕暮れ時はもうかなり寒くなってきましたね。夏の暑さにすっかり忘れていましたが、メッシュのジャケットでは凍える寒さでありました。



寒さ対策の装備も、これからのツーリング時にはそろそれ必要になってくることを身をもって感じました。今年も夏が行ってしまいますね~。



帰りに、藤橋あたりで温泉に入る予定でしたが、思いの外寒くなってきてしまったため、家路を急ぐことといたしました。



今回の「岐阜県と福井県を結ぶ酷道ツーリング」ですが、バイクにとっては非常に良いツーリングコースであることがわかりました。特に、カブやトレールでトコトコと自然を楽しみながら行くにはちょうど良いのではないかと思います。



日帰りでももちろんOKですが、仲間たちと、キャンプ装備を積載していくのも悪くないと思いますよ!



 



 



【本日のお小遣い帳】



朝食   690円



お茶   130円



昼食  1400円(焼き鯖寿司おろし蕎麦セット)



ガソリン 824円(5.72ℓ)



ガソリン 465円(3.37ℓ)



合計  3509円



 



※その他 お土産 1398円(越前大野の醤油と味噌)

« ■「落ちたら死ぬ!」国道157号で温見峠越えツーリング~酷道探訪【前編】~(岐阜県本巣市→福井県大野市) | トップページ | ■大阪と奈良を結ぶ国道(酷道?)308号を行く(奈良県生駒市・大阪府東大阪市) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ■「落ちたら死ぬ!」国道157号で温見峠越えツーリング~酷道探訪【前編】~(岐阜県本巣市→福井県大野市) | トップページ | ■大阪と奈良を結ぶ国道(酷道?)308号を行く(奈良県生駒市・大阪府東大阪市) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バイクカスタムのため購入したモノなど

ブログ村