フォト

Twitter

無料ブログはココログ

my photo

  • 初夏の涼道
    旅先で撮った写真です

広告

« ■中国地方横断・九州1周ツーリング【1日目】(岡山県倉敷市など) | トップページ | ■中国地方横断・九州1周ツーリング【3日目】(鹿児島県鹿児島市など) »

2017.08.25

■中国地方横断・九州1周ツーリング【2日目】(広島県広島市など)

倉敷→笠岡→尾道→広島

 00(写真:倉敷駅)

 

 第2日目は倉敷の街からスタートです。

 倉敷駅からほど近いところにあります「倉敷美観地区」は同市の美観地区景観条例に基づき町全体に古い建物群が保存されているところです。

早朝の時間帯でしたので、観光客も少なく、タイムスリップ感を味わうことができました。同地に宿泊される予定の方は早起きして、早朝からの訪問がオススメであります。

01_2

▲①美しい倉敷の街並

02_2

▲②観光客が少ない時間帯がオススメです。

03_2

▲③蔵が立ち並ぶ路地

 

 さて、倉敷の街を後にし、本日の宿泊地広島へ向けて岡山県道47号を走ります。

 渚100選にも選ばれた、沙美海岸をはじめ、美しい海岸線と瀬戸内の島々を眺めながら走る、ナイスなツーリングコースであります。

 ここは、瀬戸内海国立公園にも指定されており、ところどころ展望台なども設置されているところもポイントなのであります。

04_2

渚100選に選ばれた沙美海岸

05_2

▲⑤展望台からの瀬戸内海の眺め、島々が美しい。

06_2

▲⑥瀬戸内海国立公園の看板。

 

 さらに先に進みますと、美しい浜が見えてまいります。「三郎海水浴場」です。透明度の高い澄んだ水の海水浴場で、トイレ、シャワーなども無料で利用できるようです。設備が整っている訳ではありませんが、看板にはキャンプもできると書いてありました。

 東屋もあり、ツーリング途上でさくっと仮眠キャンプをするにはなかなか良い場所なのではないでしょうか。

 この辺りは海に沈む夕日も見えるポイントかと思われますし、そんなに観光客も多い場所ではなさそうなので、静かにソロキャンプにはぴったりの場所かと思われます。

07_2

▲⑦三郎海水浴場の看板

08_2

▲⑧シャワー室

09

▲⑨東屋のあたりから見た海。

10

▲⑩トイレ。ちゃんとトイレットペーパーも補充されていましたよ。

 

 さらに進みますと、防潮壁に「カブトガニ繁殖地」を書かれている地区へとやってまいります。ここ、笠岡地区は、カブトガニの繁殖地として有名な場所なのです。

 昔ニュースステーションで時々やっていました、「立松和平と須賀潮美の水中レポート」を思い出します。アクアラングで水中から実況を行う潮見ちゃんと立松さんが会話をするというもの。

潮美「(コー)立松さ~ん(シュゴー)カブトガニです~(シュコー)カブトガニが交尾をしています~(ゴー)」

立松「彼らは長年同じ営みを繰り返してきているんだね~。悠久の歴史を感じるね~潮美ちゃ~ん」

潮見「(コー)そうですね~立松さ~ん(ゴボシュー)」

ってやつ。私の、かくし芸用持ちネタだったのですが、最近知らない人が増えてきてしまいました。

繁殖地の干潟に目を凝らし、一生懸命さがしましたが、カブトガニの姿は見えず。せっかくですので、実物を観てみたいと思い、カブトガニ博物館に入館いたしました。半分はカブトガニの繁殖のための施設でありますが、子供たちにも判りやすく、「生きた化石カブトガニ」について勉強できる施設でありました。

カブトガニはエビやカニよりもクモに近い仲間なんだとか。

 

11

▲⑪防潮壁の前で一枚

12

▲⑫カブトガニの繁殖地の海

13

▲⑬ここが繁殖地であることが書かれた看板

14

▲⑭カブトガニ博物館

15

▲⑮実物のカブトガニ。腹側はエイリアンみたいでキモ可愛いです。

 

 その後、博物館の裏山を一つ越えたところにあります、道の駅「笠岡ベイファーム」にも立ち寄りました。

 ここには、「100万本のひまわり」がまさに見頃を迎えており、たくさんの観光客が訪れていました。圧巻の景色でありましたよ。小腹がすいたのでいただいたソフトクリームも乳脂肪分多めで濃厚なお味でありました。オススメ。

 

16

▲⑯道の駅「笠岡ベイファーム」

17

▲⑰ひまわりとNC

18

▲⑱100万本のひまわり畑は圧巻でありました。

19

▲⑲ソフトクリームも濃厚で美味でありました。

 

 そろそろお腹が空いたというタイミングで、大林宣彦監督の映画「転校生」、「時をかける少女」、「さびしんぼう」のいわゆる「尾道三部作」のロケ地としても有名な尾道に差し掛かりました。

尾道と言えばここれ!豚の背脂が浮いている醤油ベースのスープと平打ち麺が特徴の、尾道ラーメンを昼食にいただきました。

20

▲⑳尾道ラーメン

 

 少し道草をしすぎました。尾道からは、飛び道具を使いましょう。山陽道に乗って広島に向かいました。あっというまに、広島につきましたらまず、世界遺産に認定されております「原爆ドーム」周辺を訪れました。

 ちょうど、先日、終戦記念日を迎えたばかりとあって多くの方々が原爆死没者慰霊碑、平和の灯、原爆の子の像、平和の鐘を訪れておられました。

 

 

21

▲㉑原爆死没者慰霊碑

22

▲㉒平和祈念館

23

▲㉓原爆ドーム

 平和祈念館を拝見いたしますと、本当に現在に生まれて幸せであると感じましたね。こうしてツーリングを楽しめる平和のありがたさを深く感じた次第でございます。戦没者の方々に手を合わせて参りました。

どうしたら、こうした平和な時代は続けていけるんでしょうね。実際に「核ミサイル飛ばしてやるぞ」と明言する隣国の将がいるなかで、綺麗ごとだけでは済まされないという気もいたします。

「みんなが仲良くできたらいいのにね~」ってことは誰もが思っていることだとは思うのですが。

 

さて、せっかく広島にやってまいりましたので広島風の「お好み焼き」を戴きたいと思いまして、新幹線のグルメ街にあります「高砂○(まる)」というお店に参りました。「広島焼き」とは言わずに、広島では「お好み焼き」は、ソバが入っているのであります。

お店の名前が冠された「高砂」をいただきましたが、美味かったですよ~。濃厚な味の焼き牡蠣も乗っていてビールもすすみましたです。

24

▲㉔高砂○さんのメニュー

25

▲㉕プリップリで濃厚な味の「焼き牡蠣」も乗っていて非常に美味しかったですよ!

 

 本日の宿は、広島駅のすぐ横にあります「ホテルニューまつお」です。ここは、以前、瀬戸内ツーリング時にも訪れたことがあり今回2回目の宿泊となります。

 バイクを宿の玄関口、目の前に置かせていただけるところがお気に入りであります。フロントのおじさまも原付2種乗りらしく、あさ、バイクが出しやすいようにとか、いろいろとバイクの件では気を使ってくださいました

 あと、部屋はバストイレ付なんですが畳の部屋で、まるで「寅さんの定宿」のような昭和レトロな雰囲気も気に入っているのであります。妹のさくらではありませんが、嫁さんに手紙でもしたためましょうか。

 

26

▲㉖本日の宿は「ホテルニューまつお」

27

▲㉗昭和レトロな部屋が乙なのであります。

28

▲㉘本日の総移動距離は142.7㎞でした。

 

 

【2日目(8月17日)のお小遣い帳】

朝食456

冷凍お茶161

カブトガニ博物館入館料520

ソフトクリーム300

昼食(尾道ラーメン)570

ガソリン1414円(9.82ℓ)

尾道-広島1670

お好み焼きとビール2200

ホテル4800

駐車場800

合計12891

本日の移動距離合計142.7

 

 

 

 

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

国内旅行 ブログランキングへ←よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)

RSSフィードは 

http://tetsu.cocolog-nifty.com/index/index.rdf

です。メールソフト等に登録いただくと、更新をお知らせいたします。よろしければ、ご登録下さい

« ■中国地方横断・九州1周ツーリング【1日目】(岡山県倉敷市など) | トップページ | ■中国地方横断・九州1周ツーリング【3日目】(鹿児島県鹿児島市など) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ■中国地方横断・九州1周ツーリング【1日目】(岡山県倉敷市など) | トップページ | ■中国地方横断・九州1周ツーリング【3日目】(鹿児島県鹿児島市など) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バイクカスタムのため購入したモノなど

ブログ村