フォト

Twitter

無料ブログはココログ

my photo

  • 初夏の涼道
    旅先で撮った写真です

広告

« ■ご近所ラーツー足助の街から大井平公園「風のつり橋」~道の駅「どんぐりの里いなぶ」~(愛知県豊田市) | トップページ | ■軍事的要衝でもあり濃尾平野を一望~尾張四観音「龍泉寺」~(愛知県名古屋市) »

2017.08.02

■オリジナル酒の醸造体験も~ほうらいせん吟醸工房~(愛知県豊田市)

00

(写真:関谷酒造「ほうらいせん吟醸工房」)

 いつも稲武を通ると気になっておりました、清酒「ほうらいせん」でお馴染みの、関谷酒造さんの「ほうらいせん吟醸工房」。本日のご近所ツーリングの帰り道で立ち寄らせていただきました。

ここ、「ほうらいせん吟醸工房」は平成16年に稲武に開設された酒蔵です。

日本酒の持つ魅力を多面的に発信したいという思いから、酒造技術の継承・研修の場であるとともに、一般の人にも酒造り体験やオーダーメイドの酒造りができる施設となっているのだとか。

結婚記念日等人生の節目に向けて「自分だけのオリジナルの日本酒」を醸す喜びを体感できるのだそうです。

 

01

▲①ほうらいせん吟醸工房

この施設は広い駐車場を完備しており、ドライブの途中などにも立ち寄りやすくなっております。また、「豊田市稲武郷土資料館」も併設されております。(写真⑩)

工房の入口を入ると、酒米を蒸す窯でしょうか。大きな蒸し窯が展示されております。(写真②)

入口付近のガラス窓に沿って、様々な銘柄の酒瓶も展示されています。なかには、一般の方がご自分の結婚式に向けて醸造したと思われるオリジナルのお酒の瓶なども展示されておりました。

施設の2階からは、醸造の工程を見学できるようになっております。予約すれば、説明も受けられるようであります。(写真⑤⑥)

1階は直売所となっております。お酒の他にも、麹を使ったケーキや漬物用の酒粕、甘酒なども販売されておりました。

私は、ほうらいせんの「可(べし)」をお土産に購入して帰途につきました。

 

02

▲②入口を入ると大きな蒸し窯が展示されています

03

▲③施設入口に掲げられた看板

04

施設2階から醸造の工程の解説や、工場の様子を見ることができます。

05

▲⑤醸造の工程

06

▲⑥醸造用のタンク上部

07

▲⑦オススメの商品は外の黒板でPR

09

08_2

▲⑧⑨関谷酒造の様々な商品が並ぶ即売所

10

▲⑩豊田市稲武郷土資料館も併設されています。

ほうらいせん吟醸工房

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

国内旅行 ブログランキングへ←よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)

RSSフィードは 

http://tetsu.cocolog-nifty.com/index/index.rdf

です。メールソフト等に登録いただくと、更新をお知らせいたします。よろしければ、ご登録下さい

« ■ご近所ラーツー足助の街から大井平公園「風のつり橋」~道の駅「どんぐりの里いなぶ」~(愛知県豊田市) | トップページ | ■軍事的要衝でもあり濃尾平野を一望~尾張四観音「龍泉寺」~(愛知県名古屋市) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ■ご近所ラーツー足助の街から大井平公園「風のつり橋」~道の駅「どんぐりの里いなぶ」~(愛知県豊田市) | トップページ | ■軍事的要衝でもあり濃尾平野を一望~尾張四観音「龍泉寺」~(愛知県名古屋市) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バイクカスタムのため購入したモノなど

ブログ村