フォト

Twitter

無料ブログはココログ

my photo

  • 初夏の涼道
    旅先で撮った写真です

広告

« ■信州「遠山郷」にある「日本のチロル」~下栗の里~(長野県飯田市) | トップページ | ■紫陽花と蓮の寺~明星山「三室戸寺」~(京都府宇治市) »

2017.07.23

■渥美半島の先端「恋路ヶ浜」でデイキャンプ~道の駅「伊良湖クリスタルポルト」~(愛知県田原市)

00_4

(写真:伊良湖岬「恋路ヶ浜」にて)



 



 「名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の実一つ」だれもが口ずさんだことのある島崎藤村の作詞の歌「椰子の実」



民俗学者の柳田國男が渥美半島の先端、伊良湖の「恋路ケ浜」で拾った郁子の実の話を親友島崎藤村に語り「椰子の実」の詩が生まれたそうです。



今回は、自転車乗りの息子たちが渥美半島を走りたいというので、トランポ役として、渥美半島の先端、伊良湖を訪れました。




まずは、トイレ休憩を兼ね、道の駅「伊良湖クリスタルポルト」を訪問いたしました。



ここ、道の駅「伊良湖クリスタルポルト」は、伊良湖から対岸の三重県鳥羽へのカーフェリーの出る港で、道の駅はその港の機能も担っています。



フェリー待ちの乗船客の皆さんで、大変賑わっておりました。



ここ、伊良湖は自転車の聖地で、たくさんの自転車乗りの皆さんも訪れている様子。道の駅は電動自転車を含む、レンタサイクルのステーションにもなっておりました。



この地、伊良湖は、冒頭にご紹介した、島崎藤村の「椰子の実」の歌が生まれた元となった土地でもあり、道の駅には「やしの実博物館」も併設されています。



漂着した、椰子の実などが展示されており、太平洋を渡って南の島より流れ着いた椰子の実の旅をしばし想います。



 





01_5



▲①今回は自転車乗りの息子たちの「トランポ」役です。







02_4



▲②道の駅「伊良湖クリスタルポルト」







03_4



▲③道の駅はたくさんの人で賑わっていました。







04_4



伊良湖からは、鳥羽へのフェリーと三河湾の島々への高速船が出ています。







05_4



▲⑤フェリーと高速船の航路







06_4



▲⑥鳥羽と伊良湖を結ぶフェリー







07_3



▲⑦自転車・電動自転車のレンタルがあります。







08_3



▲⑧電動自転車レンタル料金は1時間500円







09_3



▲⑨道の駅には「やしの実博物館」が併設されています。(無料)







10_3



▲⑩ザ・ココナッツバンド







11_2



▲⑪椰子の実に関する展示







12_2



▲⑫島崎藤村作詞の「椰子の実」の楽譜





 



 息子たちは、早速自転車に乗ってでかけましたので、私は、道の駅の南側の浜になる「恋路ヶ浜」にタープを張って、息子たちの帰りを待つことといたしました。



 浜には、椰子の実こそありませんでしたが、たくさんの流木が漂着しており、それらを鉈で割って薪にして、火を起こします。



 天気が良く、青空が広がり、たくさんの観光客の皆さんが、浜辺で各々楽しんでおられました。



 私はというと、先日購入した、ホットサンドメーカーを焚火に突っ込んで、ホットサンドを作ります。焚火だとあっという間に完成いたします。



焼き立てのチーズが溶けだすホットサンドを炭酸水と景色と共に愉しみます。「美味い!」外で食べると本当に美味いですね。



汗だくになって帰ってきた息子たちも「うまい。うまい」と言いながら、3人で2欣のホットサンドを平らげてしまいました。



 太陽が照り付け、気温の高い日でしたが、タープの下は、心地よい海風が吹き抜けており、最高の休日となりました。



 





13



▲⑬「恋路ヶ浜」にタープを張り息子たちを待ちます。







14



▲⑭椰子の実はありませんでしたが、漂着した流木を薪しました。





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

国内旅行 ブログランキングへ←よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)

RSSフィードは 

http://tetsu.cocolog-nifty.com/index/index.rdf

です。メールソフト等に登録いただくと、更新をお知らせいたします。よろしければ、ご登録下さい


 





15



▲⑮薪であっというまに「ホットサンド」が焼けます。





« ■信州「遠山郷」にある「日本のチロル」~下栗の里~(長野県飯田市) | トップページ | ■紫陽花と蓮の寺~明星山「三室戸寺」~(京都府宇治市) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ■信州「遠山郷」にある「日本のチロル」~下栗の里~(長野県飯田市) | トップページ | ■紫陽花と蓮の寺~明星山「三室戸寺」~(京都府宇治市) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バイクカスタムのため購入したモノなど

ブログ村