フォト

Twitter

無料ブログはココログ

my photo

  • 初夏の涼道
    旅先で撮った写真です

広告

« ■平成の大修理を終えた宇治「平等院鳳凰堂」と「中村藤吉本店」(京都府宇治市) | トップページ | ■名古屋「鳥料理」は有名ですがこの味わい方は目から鱗~かしわ料理の老舗「鳥孝」~(愛知県名古屋市) »

2017.07.27

■中国様式の閑静な寺院~黄檗宗総本山「黄檗山萬福寺」~(京都府宇治市)

00

(写真:JR東海のCMにも使われた萬福寺)

 

宇治の街を楽しんだあとは、黄檗宗の総本山「黄檗山萬福寺」に向かうため、「宇治」駅よりJR宇治線にのり、隣の「黄檗(おうばく)」駅へと参ります。


黄檗宗大本山である「萬福寺」は中国から渡来した隠元(いんげん)禅師が開いたお寺です。そのため、「萬福寺」の建築、仏像などは中国様式となっております。(写真①)

隠元(いんげん)の来日と「萬福寺」の開祖により、さまざまな中国文化が日本に入ってきました。「隠元(いんげん)」の名に由来するインゲンマメのほか、孟宗竹、スイカ、レンコンを我が国に伝えたのも隠元だということです。

ちなみに、このお寺のマスコットも「いんげんまめ太郎」というマンマの名前のキャラでありました。

 総門の形式はなるほど、中国様式であります。一歩境内に足を踏み入れますと日光と木漏れ日が織りなす、静観な夏寺の趣に、心奪われます。

当日は観光客も少なく、ゆっくりと建物や風景を観賞することができました。また、境内のあちこちに椅子が用意されておりゆっくりと過ごすことができました。

 

 

01

▲①中国風の山門

03

▲②伽藍の様子が日本のそれと異なります

04

▲③立派な三門

05

境内へ

06

▲⑤京都は35度を超える真夏日でした

07

▲⑥JR東海のCMでも使われました

10

▲⑦各お堂は渡り廊下で結ばれています

09

▲⑧合山鐘

08

▲⑨日陰は涼しい風が吹き抜けます

11

▲⑩木魚の原型となった開版(かいぱん)

12

▲⑪ここにも蓮の鉢がありました

13

▲⑫開山堂

 

15


休日でしたが、観光地化しておらず、写真を心おきなく撮影することができる穴場的なお寺だと思います。相棒と「今日一かな~」と話しながらお寺を後にいたしました。

 

さて、お土産も買わないといけないので、そろそろ京都へ戻るといたしましょう。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

国内旅行 ブログランキングへ←よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)

RSSフィードは 

http://tetsu.cocolog-nifty.com/index/index.rdf

です。メールソフト等に登録いただくと、更新をお知らせいたします。よろしければ、ご登録下さい


« ■平成の大修理を終えた宇治「平等院鳳凰堂」と「中村藤吉本店」(京都府宇治市) | トップページ | ■名古屋「鳥料理」は有名ですがこの味わい方は目から鱗~かしわ料理の老舗「鳥孝」~(愛知県名古屋市) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ■平成の大修理を終えた宇治「平等院鳳凰堂」と「中村藤吉本店」(京都府宇治市) | トップページ | ■名古屋「鳥料理」は有名ですがこの味わい方は目から鱗~かしわ料理の老舗「鳥孝」~(愛知県名古屋市) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バイクカスタムのため購入したモノなど

ブログ村