フォト

Twitter

無料ブログはココログ

my photo

  • 初夏の涼道
    旅先で撮った写真です

広告

« ■中華エンジン定期報告~エンジンにスワップ以来3,000キロを突破~ | トップページ | ■トレッキングテントを購入~Qualz(クオルツ)「トレックドーム2」~ »

2017.06.18

■ウッディパル余呉~一泊500円!交通至便の格安キャンプ場~(滋賀県長浜市)

 

 

 

 

00

 

 先日、平成29610日~11日にかけて、「ウッディパル余呉」にてソロキャンプをしてまいりました。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
☝同好の皆さんのブログが紹介されております

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここ「ウッディパル余呉」は北陸自動車道「木之本」IC から約10分。インター出口から直進で 国道365号線を北上し、長浜市余呉支所前の信号機のある交差点を右折するだけで到着できます。

 

 木之本インターの近くには大きなスーパーマーケットやホームセンターもあり、食材や道具等の現地調達も可能であります。

 

 滋賀県民のソウルフード「サラダパン」で有名な「つるやパン」も木之本地蔵院の門前町として栄えた、北国街道の宿場町にあります。私も朝ごはん用のサラダパンとおつまみ用にチーズを乗せるバケット、サンドイッチなどを購入いたしました。(写真

 

 この「ウッディパル余呉」は公営の国民宿舎で、公共の宿でもあります。木造のコテージ11棟をはじめ、キャンプ場、テニスコート、グラウンドゴルフ、パターゴルフ、アスレチック、スキー場、木工体験など様々なプログラムも用意されており、コテージは土日など既に夏休みまで一杯の状態とのことであります。しかし、隣接する赤子山スキー場のシーズンオフ期間中はフリーサイトのキャンプとして提供されているのであります。このフリーサイトが広くて安い!なんと一晩500円!と格安なのであります。

 

 センターハウスで手続きを済ませると、キャンプ許可証が交付されますのでそれを見えるところに掲げるようにいたします。(写真⑤)

 

  キャンプに必須の水場はトイレと併設されています。(写真⑧)

 

浴室に備え付けられたシャワーも300円で使うことができますのでテント設営後の汗を流してからビールを飲むことができますね。(写真⑪⑫)

 

 シャワールームはお風呂と一体となっておりますが、今回お風呂にはお湯は張られておらず、シャワーのみの利用となっているようです。

 

多分当日は比較的お客さんが多かったので回転を考えてシャワーだけなのかな(?)お風呂にシャワーは3つ付いていますので3人までは入れますね。受付で、「今何人入っていますか?」と聞いたら「いま、2人ですので入れますよ~」と教えてくれました。

 

 シャワーを浴びたら宴開始であります。まずは、ミックスナッツやチーズなど簡単な食材で一杯始めます。(写真⑭)

 

近くにテントを張った親子連れの子供たちが懐いてくれて可愛かったですね~。お父さんたち話を聞くと、滋賀県民の皆さんで、良く使うとのこと。「ここのキャンプ場安いでしょう。多分琵琶湖周辺では一番じゃないかな」とおっしゃっていました。子供たちと話をしたり、ゲームをして遊んでいたら、お父さん方からビールをいただいてしまいました。ゴチであります。

 

 夜も更けて9時になりましたら子供たちはお父さんに連れていかれて御就寝であります。センターハウスで購入した薪に火を付けてソロキャンを楽しむことといたしました(写真⑮)。今日はスピーカーはやめてBluetoothイヤフォンで音楽を楽しみながら、とっておきのちょっと良いソーセージを薪で焼いておつまみに。これがまた美味い!「く~たまらん!一人キャンプ最高!」とか言いながら、余呉の夜は過ぎていったのでした。

 

お気に入りのキャンプ場となりましたです。また行こ~っと。

 

 

 

01_4

 

▲①センターハウス

 

 

 

 

 

02_3

 

▲②昼限定のカフェも併設

 

 

 

 

 

03_3

 

▲③広い駐車場。冬はスキー場なのです。

 

 

 

 

 

04_3

 

木之本インターから10分と交通至便。私も木之本のつるやパンさんでサラダパンを購入いたしました。

 

 

 

 

 

05_3

 

▲⑤センターハウスで受付を済ませると許可証が配付されますので外から見えるところに掲げておきます。

 

 

 

 

 

06_2

 

▲⑥フリーサイトへ到着、車、バイク乗り入れOKで荷物を運ぶ必要がありません。

 

 

 

 

 

07_2

 

▲⑦スキー場を活用したフリーサイトはとても広々しています。一泊500円と格安!

 

 

 

 

 

08_2

 

▲⑧トイレと炊事場

 

 

 

 

 

09_2

 

▲⑨コテージも併設されています。

 

 

 

 

 

10_2

 

▲⑩薪も販売していました。一束500円

 

 

 

 

 

11_2

 

▲⑪シャワー室も併設していますので、設営後汗の汗を流しました。(300円)

 

 

 

 

 

12_2

 

▲⑫お風呂もついていましたが、私が訪れたときは、お湯が張られていませんでした。シャワーのみでしたがキャンプ場に隣接している施設で入浴できるのは有難いですね。

 

 

 

 

 

13

 

▲⑬まずは一杯。このサーモスの保冷グッズはビールを2時間は冷えた状態に保ってくれます。

 

 

 

 

 

14

 

▲⑭まずは簡単な食材で宴開始。

 

 

 

 

 

15

 

▲⑮夜も更けてきたところで、焚火を開始。

 

 

 

 

 

16

 

▲⑯焚火でソーセージを焼きます。これが美味い!

 

 

 

 

 

17

 

▲⑰子供たちも寝静まりゆったりと夜を過ごします。

 

 

 

 

 

18

 

▲⑱翌朝は早目に撤収。よく眠れました。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

 

国内旅行 ブログランキングへ←よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)

 

RSSフィードは 

 

http://tetsu.cocolog-nifty.com/index/index.rdf

 

です。メールソフト等に登録いただくと、更新をお知らせいたします。よろしければ、ご登録下さい

« ■中華エンジン定期報告~エンジンにスワップ以来3,000キロを突破~ | トップページ | ■トレッキングテントを購入~Qualz(クオルツ)「トレックドーム2」~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ■中華エンジン定期報告~エンジンにスワップ以来3,000キロを突破~ | トップページ | ■トレッキングテントを購入~Qualz(クオルツ)「トレックドーム2」~ »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バイクカスタムのため購入したモノなど

ブログ村