フォト

Twitter

無料ブログはココログ

my photo

  • 初夏の涼道
    旅先で撮った写真です

広告

« ■霧の中に浮かぶ鎮守の森 道の駅「立田ふれあいの里」(愛知県愛西市) | トップページ | ■初スティックPC【Intel CSTK-32W】購入レビュ~Evernoteのデータを持ち歩く~ »

2016.11.23

■琵琶湖湖北カブツーリング~ヨーロッパ軒の「ソースかつ丼」と「サラダパン」を初体験!明治時代の鉄道トンネルと永源寺の紅葉も堪能~(滋賀県長浜市等)

朝からの福島での地震で地震通知アプリがビゴビゴ鳴っておりました時間帯。「地震だ~」とスマホを覗くと、わが社のタイカブ乗りmasaさんからLINEで「琵琶湖湖北にツーリングはいかが?約束のサラダパン喰いにいきましょう!」とお誘いが届いておりました。ちょうど、湖北は紅葉の綺麗な季節ですし、家庭の用事もなさそうので二つ返事でOK



 地震も大したことなく良かったですが、いつ来るかもわからない南海トラフに対しても改めて気を引き締めないといけませんなぁ。



 さて、当日に向け、四日市から北上してくるmasaさんとの待ち合わせ場所として関ヶ原インターの手前、上石津にあるローソンを指定して、前日飲み会のわたくしのため、集合は9時半と少し遅めに設定させていただきました。



 本日のお目当ては「ケンミンショー」などでもお馴染みの滋賀県のB級グルメ「つるやパン」さんの「サラダパン」であります。



 つるやパンさんのページを拝見しますと、いまはネット注文ができるみたいですし、東京でも販売しているみたいですね~



 この「サラダパン」、細かく刻んだタクアンにマヨネーズを和えただけの「サラダ?」をコッペパンサンドしただけという、これまたシンプルな惣菜パンなのですが、私はこれまで何度も湖北には立ち寄るもののわざわざ購入するということがありませんでした。



 ホームページには「当店人気№2」創業1951年以来、毎日つくり続けている自慢のコッペパンの中身はなんとタクワン漬け!!?地元で絶大な人気を誇るこのパン。57年のロングセラーです!とのこと。って「まてまて!№1があるのかよ~?!」それも買わなくっちゃ!と調べてみますと№1は「サンドイッチ」だそうです。50年以上作り続ける丸い食パンにマヨネーズと魚肉ハムだけ。シンプル イズ ベスト!子供からお年寄りの方まで大好きな一品です。毎日11時頃にお店に並びます。だって!これも買おう!つまみになりそうであります!これも、つまみになるので大ファンなのですが、京都の「志津屋」さんのカスクートのようなシンプルなサンドイッチ大好きな私の心をくすぐりますな~



 ちなみに第3位は「カステラサンド」やわらかいカステラに昔なつかしいバタークリームがサンドされているそうであります。



ま、味は想像できそうなのですが、ね、「サラダパン」(笑)実際食べてみなきゃわからんですよね。もしかしたら、めちゃくちゃ美味いかもしれません!いざ出発!であります!



 二人とも約束の30分前に上石津のローソンに到着しました。この日はとても寒く、私はここでワークマンのイージスの下にユニクロのダウンを着込むことといたしました。





01





▲到着した2台のカブ



さて、ここからは木之本に向け、右手に伊吹山を見ながら坂浅東部広域農道を走ります。国道303号線を行くよりも信号が少なくスムースなんです。



木之本に到着。古い町並みの残る美しい街であります。ここの国道303号線沿いに目的の「つるやパン」さんがあります。



02







午前中からたくさんの人たちがパンを買いにきておりました。



私は目的のサラダパン以外にもお土産にたくさんのパンを購入させていただきました。





03



▲タクワンのマヨネーズ和えが間に挟まれた名物「サラダパン」







04



▲1番人気の「サンドイッチ」と3番人気の「カステラサンド」

Photo

▲店内には地元の子供たちの集まる駄菓子屋的コーナーもあります。娘を連れて行ったらよろこんでましたね~





早速1つサラダパンを試食したのですが、コッペパンが非常に美味しい!で、確かにタクワンが刻んで入っているのですが、言われないとタクワンとわからないかも。キャベツのみじん切りのような食感でありまして、マヨネーズとの相性が絶妙でありました。なるほど、懐かしい味でありますし、それだけに地元で愛されているのがわかります。





さて、実はここから日本海はあっという間なんですね。カーナビを見ますと、ルートとしては、8号線を北上するルートを示しているのですが、我々は365号線で北上し、県道140号線に入ってすぐの柳ケ瀬トンネルを抜けて8号線に出るルートを選択しました。これは正解でしたね、8号線は途中西浅井のあたりで込み合うことが多いのですが365号線は非常に空いておりましてスムースに走る事ができました。冬季は365号線が県境まで通行できますが、その先は通行止めになっているからかもしれません。



このルートで通過する県道140号線にあります柳ケ瀬トンネルは、旧国鉄の北陸本線を走る汽車のために明治17年に作られたトンネルなのですが、今日では複線化された北陸本線は近江塩津経由で北上しており、使われなくなった旧北陸本線柳ケ瀬トンネルは自動車用の道路として供されています。単線用に作られたトンネルでありますので、車1台が通るのがやっとの横幅ですので、信号で上下相互に通行するようになっております。



明治時代に掘られ、レンガが積み上げられたアーチ形のトンネル内をバイクで疾走するのはさしずめ「インディアナジョーンズ!」冒険心を満たしてくれるルートであります。オススメですよ~。






さて、柳ケ瀬トンネルを抜けると、もう福井県です。あっという間に日本海側に出られるのです。国道8号線をしばらく走りますともう敦賀に到着。本日の昼食は敦賀名物ソースかつ丼!滋賀から一番近い、ヨーロッパ軒岡山店に到着いたしました。名物のソースかつ丼と悩みましたが、いろいろ食べたいので、ソースかつに加え、チキンかつと、メンチかつがデン!と乗ったミックス丼を注文。やはり美味い。すこし甘いソースがかつと絡んで絶妙な味でございます。ごはんの量もパンパンに入っておりますので、となりの女性はごはん軽めにと注文をされておりました。すこし食べ過ぎました💦

5251677663293_1024x768


05

Img_1814_2






このあとはお決まりのコースですが、敦賀から国道161号線を南下して、ライダーの聖地、マキノのメタセコイヤ並木へ。ここへ秋に来たのは初めてで、紅葉したメタセコイアは、夏とはまたちがった姿をみせてくれました。たくさんのライダーたちが記念写真を撮っていましたよ。06

5302915887254

Img_8016

▲ちなみに初夏はこんな感じです。雰囲気が全く違いますね。





帰りは、琵琶湖の湖岸を走り浅井方面へ向かいました。もう14時半くらいで、日が西に傾き、湖畔を美しく輝かせています。奥琵琶湖パークウエイから景色は圧巻でありました。空気のきれいなこの時期ならではの景観でありました。



061





石槫峠で鈴鹿山脈を越えて四日市方面へ抜けようということになりました。彦根経由で湖東を南下し、石槫峠の手前にあります永源寺へも立ち寄りました。ここは、紅葉の名所で16時というのにたくさんの観光客が訪れていましたよ~



 



07









09



11




ちと寒かったですが今日も楽しかった!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ←よろしかったらクリックお願いしますです(*´ω`*)

« ■霧の中に浮かぶ鎮守の森 道の駅「立田ふれあいの里」(愛知県愛西市) | トップページ | ■初スティックPC【Intel CSTK-32W】購入レビュ~Evernoteのデータを持ち歩く~ »

« ■霧の中に浮かぶ鎮守の森 道の駅「立田ふれあいの里」(愛知県愛西市) | トップページ | ■初スティックPC【Intel CSTK-32W】購入レビュ~Evernoteのデータを持ち歩く~ »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バイクカスタムのため購入したモノなど

ブログ村